*

最近読んだ絵本たち③

公開日: : 最終更新日:2018/02/07 未分類, 読んだ本 , , , , ,

ゆらゆらばしのうえで

文:きむらゆういち/絵:はたこうしろう

前回の記事で、はたこうしろう先生の代表作は「ぼくのなつやすみ」と書きましたが、こちらが代表作のようです。(ご自身で仰っていました)
ここ最近は、はた先生の絵本を何冊か読んでいるのですが、驚くのがそのタッチ(絵柄)のバリエーションの豊富さ。
さすが、絵本作家になる前は、イラストレーターとして長くキャリアを積んでこられただけのことはあるなあって感じです。
この絵本は、はた先生渾身の作で、これまでにない描き方をされて、この絵ができあがったそうです。それだけに、色の鮮やかさや線の独特さがとても印象的です。

お話は、きむら先生お得意の(!?)、最初は天敵同士が最後には仲良くなってしまうストーリー。読み聞かせにはかなり長めなのですが、けっこう絵だけで入っていけます。

はなちゃんすべりだい

文:中川ひろたか/絵:長新太

私の娘の名がまさに「はなちゃん」なので、親近感を覚えて図書館で借りてみました。

小さい子ってすべり台が大好きですよね。ストーリーは非常にシンプルで、短いので、小さい子への読み聞かせにぴったり。

そして長新太さんの独特の色彩とタッチが場面を盛り上げます。お父さんと一緒というのがポイント。お母さんは一緒にすべり台をしないからね(笑)。

どうするどうするあなのなか

文:きむらゆういち/絵:高畠純

高畠さんの絵って、子ども向きというか、いつもすごいなあと思います。すごく味があって、タッチの幅も広くて、色も素敵。
この絵本は設定が「穴の中」ということもあって、縦長にくるっと回転させて読む絵本です。
猫とネズミが一緒に穴の中に落ちて、お互いが先に抜け出そうとして画策を巡らせ、最後には仲良くなっている…という、またまた、きむら先生お得意のお話(笑)。

きむら先生の描く動物たちって、すごくユーモラスで、ひょうきんで、面白い。シリアスな場面のはずなのに、クスってなれるような。そういうところがすごいなあと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

140116

「俯瞰力(やましたひでこ)」読みました①

「俯瞰力」やましたひでこ著を読みました。 が、一読したところ、「えっと、では書かれてい

記事を読む

93b56c5831f403677936c42e50225bf9_s

私が手に入れたい状況を整理してみた

7月ですね! 今年の上半期は一昨日で終わってしまいました(泣)早いのか、遅いのか・・・。

記事を読む

理想の自分をイメージする

「似合う服がみつかる『おしゃれ断食』」を読みました

お洒落断食とは? 似合う服がみつかる「おしゃれ断食」 posted with

記事を読む

140116

「俯瞰力(やましたひでこ)」読みました②

それでは第1章から読み解いていきたいと思います! 第1章 カタチから見えてくる、“見えない世界

記事を読む

no image

「ひだまりゼリー」あさのますみ

あさのますみさんの「ひだまりゼリー」を読みました。 ひだまりゼリー―浅野真澄エッセイ post

記事を読む

サイトデザイン140119

独自ドメイン取得しました

ついに、独自ドメインを取得してしまいました(緊張)。 「独自でブログを作る」とか宣言しておきな

記事を読む

no image

「そらまめくんのベッド」なかや みわ

息子が3才くらいの時に与えた「そらまめくんのベッド」。 一度、病院の待合室で読み聞かせた時から食いつ

記事を読む

夫婦円満でいるコツ

めざせ金麦妻♥賢く夫婦ゲンカする方法を考えたよ

前回「夫婦喧嘩勃発!ケンカにもルールやマナーがあるという話」という記事を書きました。 「ケンカする

記事を読む

no image

「ふらいぱんじいさん」神沢利子 作/堀内誠一 絵

先日、子供のお迎えに行った際に保育園でこの本を見かけて、一気に懐かしさが蘇りました。  

記事を読む

ゆるい生き方 ハワイの光景

「ゆるい生き方 ~ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣~」を読みました。

本田直之氏の考え方に興味を感じた私は、さっそく氏の著書をあれこれ読んでみました。 まず、こちら

記事を読む

  • すなみち。都内在住。web制作会社勤務。2児の男女のハハ。マイペースに生きるのが信条。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑