*

しあわせはいつもうしろから

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 子育て日記

flower1510

息子&娘と両方が風邪をひいてしまったので、朝、保育園に行く前に病院へ寄りました。

この病院にはプレイスペースがあって、以前予防接種をしにここへ来た時、おもちゃにハマってしまった息子が帰りたくないとイヤイヤが勃発した経緯がありました。今回も内心ビクビクしていましたが、病院の方のナイスなサポートで、スムーズに病院から連れ出すことに成功しました。

しかし息子は、そのまま保育園を休めると思い込んでいたのか、保育園の教室に入るなりべそをかき始め、ギャン泣きし始める。

ちょうどお昼ご飯の時間帯ということもあって、教室内がバタバタ。保育士さんも、そんな子どもを構うことができない様子。私自身、その空気に呑まれてしまい、結果、泣いたままの息子を残したまま、逃げるように園を去りました。

そして園へのお迎え時に保育士さんから言われた言葉。

「息子くんは、ちゃんと言い聞かせればもう分かる頃なので、そんな時はお母さんがきちんとケアしてあげてくださいね。」

そんなふうに言われて、恥ずかしいやら情けないやら。

たまらず、ちょうど同じお迎え時にいた、同じく育休中のお母さんに相談すると「イヤイヤ時は無理に登園させず、保育園をお休みして、おウチで過ごしてもいいですね」とも言われたとか。

イヤがっているのに、無理に保育園に行かせることはしない方がいいのだろうか。イヤと言ったら保育園を休めるって思っちゃうんじゃないか。

行かせる行かせない、その線引きってすごく難しい。たぶん答えのない問いに、すっかりへこんでいました。

***

そういうモヤモヤした思いをうまく消化しきれず、夫に相談してみました。

「それって保育園側もヘンだよね。自分たちの仕事を放棄してるんじゃないの」なんて言われて、いや、違うんだよなあ。そう感じても、うまく表現できなくて。

「やっぱり、保育園を嫌がったときは、休ませた方がいいのかな」
そんなことを言ってみるものの、「休ませてもいいけど、それで疲れたからって俺にあたらないでね」なんて心ない言葉。。。

***

翌朝、同じ保育士さんに「昨日、何だか一方的に言ってしまって・・・気になってました」と声をかけられました。

息子の保育園イヤイヤで、毎日朝から憂鬱になること。

今日は保育園を休ませようか、と思うものの、毎回悩んで、できないこと。

夫の帰りが毎晩遅くて、2人育児にいっぱいいっぱいなこと。

そんな思いを、思わず吐露させていただきました。

***

正直な気持ちを話せたら少しすっきり。

帰ろうとすると「わーかわいい。いつご出産されたんですか?」知らないお母さん(←※たぶん)に話しかけられました。

「2ヶ月前です」

「2才差ですよねー」

「はい。今上の子がイヤイヤで大変で・・・」

「うちは3才差なんですよ。やっぱり今イヤイヤで。だけどクラス全員がイヤイヤなんで、かえってほっとしてるかも(笑)」

知らないお母さん(←※たぶん)なのに、また色々悩みを打ち明けてしまって、話をしているうちに癒されていく私。

そう、私、ただ分かってほしかっただけなんだあ〜。

モヤモヤした思いや、悩みやジレンマに、共感してほしかっただけなんだあ〜。

そんなふうに思いました。

***

子育てって、答えのない問いに直面することがしばしば。

答えはないものに、こんなに真剣に悩むなんて、いつぶりだろうなと思う。

「しあわせはいつもうしろから〜」というフレーズは、NHKのEテレの「フックブックロー」という番組の歌のフレーズ。

どういう意味だろう?と、最近考え始めています。

(後日談)
よくよく見たら、「しあわせはいつもうしろから」の後に「追いついてくるよ」という歌詞がありました。
とにかくがむしゃらにやるしかないのかもしれません。

2011090214380118_618_

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

0d7de1f03b34251e1506c64c4ab3c7c5_s

雨の日の登園に便利なグッズを探してみた

今日、東京は雪が降りましたね。 気分がアガるような粉雪ならいいものの、積もる気配のない、べちゃべち

記事を読む

赤ちゃん

「ずんずん体操」の裏にある母親たちの思いを考察してみた

施術を受けた後に赤ちゃんが亡くなったということで問題になっている「ずんずん運動」。 えっ、

記事を読む

nordmyra-chea__0209601_PE243897_S4

欲しい椅子が見つかりました!

前回書いた記事「今私が欲しいものリスト〜子ども編〜」で登場した、リッチェル 2WAYごきげんチェア。

記事を読む

85bdda1d63bc5da68993831ee5952e34_s

人にやさしい社会づくりが放置死を無くす

また、子どもの放置死という悲しい事件が起きてしまいました(厚木市男児放置死事件)・・・。

記事を読む

母乳育児根性論

母乳根性論に囚われない

私は1人目も2人目も、ミルク育児です。(いわゆる“完ミ”ってやつです) 母乳が少ない上に、扁平

記事を読む

たんぽぽクラス

ママ友ってやっぱりいた方がいい?

先日、いわゆる親子の集いである「たんぽぽクラス」に赤ちゃんと参加してきました! これは区が

記事を読む

2e7d5dd866a99bd85756f0523369badc_s

大人もはまる!?「Hugっとプリキュア」の魅力

今私が密かに(?)はまっているアニメがあります。 それは、毎週日曜日の朝から放送の「プリキュア」!

記事を読む

空想どうぶつえん

実際に使ってみた!幼児向けおすすめスマホアプリ 0〜2才編

今日は、私が実際にインストールして使ってみた、幼児におすすめのスマホアプリをご紹介します♪ 妊娠中

記事を読む

虫取り

子どもに体験させたい遊びの話

先日、ネットで「今の子どもは外で遊ぶところがなくて、友達と会っても家の中でスマホやDSばかりいじって

記事を読む

子どものためにすべきこと

子どものために、大人が変わろう

今日、小野田寛郎(おのだ ひろお)さんのニュースをテレビで見ました。 小野田さんは、帰国後はブ

記事を読む

  • すなみち。都内在住。web制作会社勤務。2児の男女のハハ。マイペースに生きるのが信条。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑