*

「森の絵本」長田弘/荒井良二

公開日: : 最終更新日:2018/02/07 未分類, 読書日記 , , , ,

752ae72a6c26fb15c5608e882bb7f4db_s

この絵本は、1ページ開いたところですぐ「好きだ」と思いました。
いつもの荒井良二さんのあの破天荒な絵が展開されるのかと思いきや、意外に落ち着いた絵なんです。でも、“森らしさ”が伝わってくる。
細かく細かく、丁寧な筆運びの様子が伝わってくる。絵も詩も、美しい絵本です。

詩的な情緒を感じる絵本だと思うので、年長さんくらいから大人まで読んでほしい“感じる”絵本。
森って、日本の都会に住んでいるとなかなか触れる機会がないけれど、神秘的で何か隠れていそうで、のびのびして、気持ちが良さそうで…
そんな「理想の森」が感じられる絵本です。

 

これといってストーリーはありません。
この本が伝えてくれるのは「静かな時間の豊かさ」
感じること、耳をすますこと、行間をよむこと、想いをめぐらすこと。

そういったことを感じる絵本です。

「もりのえほん」安野 光雅

あ、もりのえほんといえばこちらも定番。

 

私が小さい頃家にあって、何度も読み返すほどハマっていました。
とにかく森の絵がひたすら続き、文章も何もないんですが、細かなタッチの絵を見ていると、ぼんやりと何かが浮かび出てくる。
動物や何かの生き物が…。
小さい頃は、その“何か探し”に没頭しました。
答えがないから楽しいんですよね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

no image

最近読んだ絵本たち③

ゆらゆらばしのうえで 文:きむらゆういち/絵:はたこうしろう ゆらゆらばしのうえで (日本傑作絵本シ

記事を読む

140116

「俯瞰力(やましたひでこ)」読みました④

さて、最後になりました。3章を読み解いていきたいと思います。 第3章 そして改めて“見える世界

記事を読む

波

身も心もタフになりたい

突然ですが、私はあまりメンタルが強い方ではないです。 一度落ち込むと、とことん落ち込むし、

記事を読む

150615

本当におしゃれな人の「服の買い方」を学ぶ

「服を買うなら捨てなさい」を読みました 先日の記事で紹介していた、こちらの本を読みました。

記事を読む

no image

最近読んだ絵本たち②

最近読んだ絵本たち。 まよなかのだいどころ/モーリス・センダック モーリス・センダックワールド第二弾

記事を読む

no image

「とん ことり」つついよりこ/はやしあきこ

以前ここでもレビューした、つついよりこ先生、はやしあきこ先生のタッグ再び。 今回ご紹介する「とん 

記事を読む

no image

いたずらラッコとおなべのほし 作: 神沢 利子/絵: 長 新太

先日、保育園から図書館に行ったらしく、息子が本を借りてきました。 いたずらラッコとおなべのほし

記事を読む

no image

「わたしのワンピース」にしまきかやこ

1969年に刊行された絵本「わたしのワンピース」。 本を開けると、素朴でシンプルな、まるで子どもが思

記事を読む

e2bf053343da5258516ac2dd5e4021d9_s

母との関係、両親との関係…全ては相性でできている。

思い返してみると、母が私を認めてくれたことなんて、人生の中で一度もなかったような気がします。 少な

記事を読む

160424-6

香菜子さんについて

先日、ふとした機会があって香菜子さんの本を読みました。 香菜子さんは雑誌「ナチュリラ」に代表される

記事を読む

  • すなみち@絵本製作勉強中。都内在住。本業はweb製作。夢:海のそばで暮らすこと。趣味:スクラップブッキングと本を読むこと。頭の中を文章化しないと整理できないタチで日々書いてます。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑