*

「ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。」どいかや

公開日: : 最終更新日:2018/02/07 未分類, 読んだ本 , ,

これは絵本ではありません。エッセイ集です。
どいかやさんの絵本は「チリとチリリ」シリーズが有名ですね。

実は近々、どいかやさんのトークショーに参加する予定があるので、予習をしておこうといくつか図書館で借りてきました。

この本は、「月刊MOE」に連載されていたのをまとめたもので、どいかやさん初のエッセイ本だとか。
現在どいかやさんは、千葉県でご主人と猫10匹と暮らされており、その素朴な生活が優しい雰囲気のイラストと共に綴られています。

正直、私はあまり猫に興味がないので、“猫語り”部分はいまいち面白くなくって、その他にちらちら見える作家さんの生活ぶり、お人柄や考え方などの方が興味深かったです。どいさんは、その繊細な絵柄からも伺えるとおり“ほっこり”という言葉が似合う方のようです。

私の猫歴史

b8b9fa2f06546f5aa80dad1fe5da763b_s

上で「興味ない」と言い切ってしまいましたが、私はかつてはものすごい猫好きで、中学・高校生の頃はもれなく猫の写真が載った手帳を選んでいました。イラストじゃなく、写真じゃないとダメでした。そして何度見ても猫の姿って飽きないものだなあ。と思っていたものです。
しかし我が家はペット禁止!だったので、その頃は猫を飼うことは決して叶わぬ夢でした。

しかし大学生の頃、構内に捨てられていた仔猫を拾って家に連れて帰り、半ば強制的に猫を家族の一員に引き入れてから、猫が家にいる生活を約7年ほど体験することができました。

7年、と書いたのはその後26才で私が家を出たからです。
と言っても猫を可愛がったのは最初の3年くらいで、その後はほぼ私の母が世話をしてくれていました。
就職活動、社会人…といっぱいいっぱいの私の目には、既に猫なんて写っていなかったのでしょうね。猫を飼うという夢が現実になって満たされてしまったのかもしれません。今思うと薄情ですが…。現在も、再び猫を飼いたいという気は全くないし、街で猫を見かけても、かつて感じていた感動はほとんどありません、残念ながら。

どいかやさんの、猫への愛情

a8f5dde5ab70917635a8316360293c1c_s

このエッセイは、飼ってらっしゃる1匹1匹の猫との出会いがひたすら綴られて始まります。そこから感じる、どいさんの猫へひたすら注がれる愛情の目線。
「ねえ君たちは一体全体どうしてそんなに可愛くなっちゃったの?全くもって奇跡だわね!」という一文が出てくるのですが、ああ、分かる。と思いました。

それって、私が自分の子どもに対して毎日思っていることなんです。
今は上が4才、下が2才。
すっごく手がかかるし毎日しんどいけれど、もう奇跡のように可愛い。犬も猫も、飼ってらっしゃる方からすると、きっと子どもみたいに可愛いんでしょうね。

そんな私も、子どもが手を離れたら「もういいわ〜」とキッパリサッパリ子離れできるのかも。そうなったら東京を離れてもいいかな?

憧れる、田舎暮らし…

125aba7a6afc3d876221a1d8d4fecd95_s

どいさんが暮らしているのは、千葉としか書いてありません。あとは「お山の森のなかのちっぽけ村のすみっこ」としか。
そこは、色んな虫や草や動物たちが住んでいるところだそうです。

時々、「ここが本当に私のいるべきところなのかな?」と思うことがあります。いや、もう頻繁に(笑)
だけどここは夫の故郷で、他に行くべきところも理由もないので仕方なく住んでいます。

東京は便利だし何でもあるけど、疲れることもあります。
行き交う車。あちこちで鳴り響く工事の音。無表情で歩く人たち。ぶつかりそうになることも。あと空がビルで埋め尽くされて見えないです。

東京からは、自然が遠いです。自然の気配をあまり感じません。季節の移り変わりもあまり分かりません。

なんかね、「違うところに行きたいな」って思うんですよね。私が考える「田舎」もただ理想化されたところなのかもしれないですけどね。

だから最近、「いつかここを出てやるぞ」って思うようになりました。私の出身地の関西でもなく、東京でもないところ…。まだどこかは分からないけど、きっと海の近くかな?いつになるか分からないけどね。

***

話がそれました。
今回どいかやさんの本を読もうと思ったのは、近々トークショーに参加することになったからです。
だからその予習を、と…。
せっかくお会いできるのだから詳しくなっておこう。とこちらも注文したところです。

会って感じるお人柄、楽しみです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

no image

「すーちゃんとねこ」佐野洋子

すーちゃんとねこ posted with ヨメレバ さの ようこ こぐま社 1973-06-

記事を読む

140116

「俯瞰力(やましたひでこ)」読みました③

では、第2章 運・不運さえも越えた“もっと見えない世界”〜「俯瞰」の章〜を読み進めたいと思います!

記事を読む

no image

「絵本の作家たち」を読みました。

「絵本の作家たち Ⅲ」を読みました。 絵本の作家たち (1) (別冊太陽) posted

記事を読む

夫婦円満でいるコツ

めざせ金麦妻♥賢く夫婦ゲンカする方法を考えたよ

前回「夫婦喧嘩勃発!ケンカにもルールやマナーがあるという話」という記事を書きました。 「ケンカする

記事を読む

no image

「ひだまりゼリー」あさのますみ

あさのますみさんの「ひだまりゼリー」を読みました。 ひだまりゼリー―浅野真澄エッセイ post

記事を読む

no image

「そりゃあもういいひだったよ」荒井良二

荒井良二の絵って独特ですよね。ストーリーも。 最初見た時は、何だか子どもに媚びた感じがして、あまり好

記事を読む

ノート作りのすすめ

ノートを書くことで幸せ体質に?!自分だけの宝物を作ろう

こんにちは、すなみちです。 前回の更新から少し間が空いてしまいました。 というのも、先週の週末頃

記事を読む

3e2cfc1c98933e8880c53f1271791313_s

週末は田舎暮らし

こちらの書籍を読みました。 週末は田舎暮らし---ゼロからはじめた「二地域居住

記事を読む

お金について考える

お金の価値観は自分で作ろう

以前、家計に関する記事「家計を破綻に導く「普通」幻想の怖さ」でも書きましたが、同じテーマについてもっ

記事を読む

no image

「ビロードのうさぎ」マージェリィ・W・ビアンコ/酒井駒子 絵

ビロードのうさぎ posted with ヨメレバ マージェリィ・W. ビアンコ ブロンズ新

記事を読む

  • すなみち。都内在住。web制作会社勤務。2児の男女のハハ。マイペースに生きるのが信条。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑