*

いたずらラッコとおなべのほし 作: 神沢 利子/絵: 長 新太

公開日: : 最終更新日:2018/02/07 読書日記

先日、保育園から図書館に行ったらしく、息子が本を借りてきました。

なんと、それはちょうど先日「ふらいぱんじいさん」で読んだばかりの神沢 利子さんの本でした。
しかも、絵が長新太さん。
思わず「センスいいなあ」と息子を褒めました。

内容は、いたずら好きな、ロッコという子供のラッコのお話。

ロッコがいたずらをしていると、「天の大男に捕まって、大鍋で煮られるぞ」と大人たちから脅されるのですが、ロッコはやめません。
ある日、仲良しのレッコと一緒にウニを食べに遠くに行き、ついに大男に捕まり蟹たちと一緒に大きな鍋に放り込まれたロッコ。なんとか逃げようとして、鍋底に見つけた大きな星を動かすと、たちまち鍋の底に穴が開いて、ざーっと水が溢れ出し、ようやく逃げ出すことができました。

***

実は、大男の鍋というのは「北斗七星」。なんだかまるで、宮沢賢治が書いたみたいな童話だなあと思いました。

長新太さんの絵がとぼけた表情でとてもかわいいんです。
ラッコって、絵本であまり見かけないなあと思いました。
ラッコが昆布を体に巻きつけるとか、体の上で貝を割るとか、生態の様子まで描かれていて、面白いです。

子供たちは、お仕置きシーンの「おしりをたたいてやるからこっちへおいで」というセリフでなぜか大爆笑していました。
おしり、というワードのせいかな…。
子供の笑いツボって、よくわからないですよね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

つれづれノート

久しぶりに銀色本を読みました

先日図書館に行って予約していた銀色夏生さんの本を引き取ってきました。 子どもとの暮らしと会話

記事を読む

『北欧、暮らしの道具店』」の心地いいすっきり暮らし

「『北欧、暮らしの道具店』」の心地いいすっきり暮らし」を読みました

先日、本屋でたくさんの本を買ったのですが、そのうちの一冊をご紹介します。 「北欧、暮らしの道具店」

記事を読む

no image

「かいじゅうたちのいるところ」モーリス・センダック

かいじゅうたちのいるところ posted with ヨメレバ モーリス・センダック 冨山房

記事を読む

no image

「森の絵本」長田弘/荒井良二

この絵本は、1ページ開いたところですぐ「好きだ」と思いました。 いつもの荒井良二さんのあの破天荒

記事を読む

no image

「もこもこもこ」谷川俊太郎/元永 定正

2才の娘がこの絵本が好きなので購入しました。 もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵

記事を読む

no image

「チリとチリリ うみのおはなし」どいかや

引き続き、どいかやさんの「チリとチリリ うみのおはなし」を読みました。   チリと

記事を読む

ゆるい生き方 ハワイの光景

「ゆるい生き方 ~ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣~」を読みました。

本田直之氏の考え方に興味を感じた私は、さっそく氏の著書をあれこれ読んでみました。 まず、こちら

記事を読む

no image

「こりゃ まてまて」酒井駒子

引き続き酒井駒子さんの絵本。 赤ちゃん向けの絵本です。 内容を理解できない赤ちゃんでも楽しめる絵本

記事を読む

no image

「あらしのよるに」シリーズ きむらゆういち/あべ弘士

言わずと知れた絵本界の名作。 少し前にはTVで取り上げたり、ちょっとしたブームになっていたのを記

記事を読む

家めし

家めしから始める!食卓生活を豊かにしたいのすすめ

こちらの本を読みました。 簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうであ

記事を読む

  • すなみち@絵本製作勉強中。都内在住。本業はweb製作。夢:海のそばで暮らすこと。趣味:スクラップブッキングと本を読むこと。頭の中を文章化しないと整理できないタチで日々書いてます。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑