*

「すーちゃんとねこ」佐野洋子

公開日: : 最終更新日:2018/02/07 未分類, 読んだ本 , ,

これを読んだとき、何だかすごく惹かれました。
内容は、ちょっといじわる。残酷。
でも読後感は悪くない。
納得いかなくて、何度でも読みたくなる。
平和なようで、平和じゃない。ざわざわする。

そんな印象を持ちました。

「すーちゃんとねこ」のあらすじ

すーちゃんとねこは、仲良し。
ある日一緒に歩いていると、ねこちゃんが飛んできた風船を捕まえました。

ふうせんがほしいすーちゃん。
いきなりうばって、家まで逃げこみ、カギまでかけてしまいます。
うらめしそうに、外から覗き込むねこちゃん。
すーちゃんは、ふうせんにキスして、一緒におやつを食べて、服も着せます。
お風呂に入って、夜も一緒に寝ます。

ねこちゃんは、悲しくて一晩中外で起きていました。

翌朝、ねこちゃんはまたふうせんをつかまえます。今度はたくさん。
またすーちゃんがやってきて、ふうせんをほしいといいます。

でもねこちゃんはふうせんを全て飛ばしてしまいます。
それにつられて、すーちゃんも自分のふうせんをとばします。
2人の目線は、空の上へ。

「すーちゃんとねこ」の残酷さ?

佐野洋子さんの、何ともいえない子どもの無邪気な絵柄もいいんですよね。
子どもっていじわるで、残酷で。
そんな雰囲気が出ています。

でも私は、すーちゃんがふうせんを家に連れて帰って、キスしたりお風呂に入ったりするところ。なんかね、ふうせんじゃなくて、別の何か?に見えて仕方なかったです。
それを恨めしそうに、泣きながら見ている猫がまた。
佐野洋子さんの、裏のメッセージがありそうで。
加虐心というんでしょうか。ぞわぞわしました。

すーちゃん、お尻の見える服を着ていて、プリプリしていて、髪もぼさぼさで、全然きれいな子どもじゃない。でもそれがいい。
うちの娘も、今2才ですが、乱暴でかんしゃく持ちで、あざとくて。
でもそれがいい。
そんな感じを思い出しました。

佐野洋子ワールド全開。
子どものリアルな心を味わえる本でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

no image

「ママがおばけになっちゃった!」のぶみ

温かみのある絵が特徴の、のぶみさんの絵本を読みました。 この本は出版時かなり賛否両論だったようで、A

記事を読む

「ぼくはうちゅうじん」中川ひろたか(文)/はた こうしろう(絵)

ぼくはうちゅうじん (ちきゅうのふしぎ絵本) posted with ヨメレバ 中川 ひろた

記事を読む

no image

「かいじゅうたちのいるところ」モーリス・センダック

かいじゅうたちのいるところ posted with ヨメレバ モーリス・センダック 冨山房

記事を読む

「ぞうくんのさんぽ」なかのひろたか

今ちょうど2才になる娘のお気に入り絵本「ぞうくんのさんぽ」。 ぞうくんのさんぽ(こども

記事を読む

木漏れ日

近況と、読んだ本のことなど

こんにちは。久々のブログとなりました。 東京は今ずいぶん気温が下がって寒いみたいですね。関

記事を読む

「よるくま」酒井駒子

自分の一番好きな絵本と言ったら今のところこれ。   よるくま posted w

記事を読む

「よるくま クリスマスのまえのよる」酒井駒子

酒井駒子さん続けて3つめ。 というのはちょうど、息子が今夜この絵本をベッドに持ってきたのです。 &

記事を読む

「リコちゃんのおうち」酒井駒子

自分が好きな順に絵本を紹介してきて、次は何にしようかなあ〜と思ったところ、大好きな酒井駒子さんのデビ

記事を読む

no image

「ひだまりゼリー」あさのますみ

あさのますみさんの「ひだまりゼリー」を読みました。 ひだまりゼリー―浅野真澄エッセイ post

記事を読む

no image

「きんぎょがにげた」五味太郎

これぞ絵本!といった感じの定番絵本。 2才の娘もお気に入りです。 きんぎょがにげた (幼児絵本

記事を読む

  • すなみち。都内在住。web制作会社勤務。2児の男女のハハ。マイペースに生きるのが信条。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑