*

「すーちゃんとねこ」佐野洋子

公開日: : 最終更新日:2018/02/07 未分類, 読んだ本 , ,

これを読んだとき、何だかすごく惹かれました。
内容は、ちょっといじわる。残酷。
でも読後感は悪くない。
納得いかなくて、何度でも読みたくなる。
平和なようで、平和じゃない。ざわざわする。

そんな印象を持ちました。

「すーちゃんとねこ」のあらすじ

すーちゃんとねこは、仲良し。
ある日一緒に歩いていると、ねこちゃんが飛んできた風船を捕まえました。

ふうせんがほしいすーちゃん。
いきなりうばって、家まで逃げこみ、カギまでかけてしまいます。
うらめしそうに、外から覗き込むねこちゃん。
すーちゃんは、ふうせんにキスして、一緒におやつを食べて、服も着せます。
お風呂に入って、夜も一緒に寝ます。

ねこちゃんは、悲しくて一晩中外で起きていました。

翌朝、ねこちゃんはまたふうせんをつかまえます。今度はたくさん。
またすーちゃんがやってきて、ふうせんをほしいといいます。

でもねこちゃんはふうせんを全て飛ばしてしまいます。
それにつられて、すーちゃんも自分のふうせんをとばします。
2人の目線は、空の上へ。

「すーちゃんとねこ」の残酷さ?

佐野洋子さんの、何ともいえない子どもの無邪気な絵柄もいいんですよね。
子どもっていじわるで、残酷で。
そんな雰囲気が出ています。

でも私は、すーちゃんがふうせんを家に連れて帰って、キスしたりお風呂に入ったりするところ。なんかね、ふうせんじゃなくて、別の何か?に見えて仕方なかったです。
それを恨めしそうに、泣きながら見ている猫がまた。
佐野洋子さんの、裏のメッセージがありそうで。
加虐心というんでしょうか。ぞわぞわしました。

すーちゃん、お尻の見える服を着ていて、プリプリしていて、髪もぼさぼさで、全然きれいな子どもじゃない。でもそれがいい。
うちの娘も、今2才ですが、乱暴でかんしゃく持ちで、あざとくて。
でもそれがいい。
そんな感じを思い出しました。

佐野洋子ワールド全開。
子どものリアルな心を味わえる本でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

0b4c70f5ca71b025ffd21d16f3a24197_s

はあちゅうに学んだ「働くということ」

はあちゅうの本を読みました。 就活・転職でもやもやしたら読む本 彼女のツイートを私はフォ

記事を読む

no image

「バムとケロのにちようび」島田ゆか

小型絵本 バムとケロのにちようび posted with ヨメレバ 島田 ゆか 文溪堂 20

記事を読む

no image

「ママがおばけになっちゃった!」のぶみ

温かみのある絵が特徴の、のぶみさんの絵本を読みました。 この本は出版時かなり賛否両論だったようで、A

記事を読む

160424-6

香菜子さんについて

先日、ふとした機会があって香菜子さんの本を読みました。 香菜子さんは雑誌「ナチュリラ」に代表される

記事を読む

151020-1

ホリエモンという生き方〜ゼロから動き、イチにすることの偉大さを知る

先日「しくじり先生」を見てたらホリエモン(堀江貴文)が出てきてました。 そのままだら〜っと見て

記事を読む

770ed7eb4daf06a2299bebb286e8a2f4_s

phaさん「ひきこもらない」を読みました。

以前にphaさんの本を読んだレビューを書いたことがあったかと。 その時に、「他にも何か読みたいなあ

記事を読む

シンプルな暮らし

「はらぺこあおむし」エリック・カール

好きな絵本紹介第二弾は、これまた定番「はらぺこあおむし」。 1才の赤ちゃんから楽しめる絵本ですよ

記事を読む

d91dbdf0d0c72185faca41b4ed90cfdb_s

「伸び続ける子が育つ お母さんの習慣」を読みました

最近、育児に悩むことが多くなっていたので、こちらの本を読みました。 伸び続ける子が育つ お母さんの

記事を読む

no image

最近読んだ絵本たち

10月に入りました。 さて、私はようやく先月通信講座の後半に入ったところです。 1年経ったけど半分

記事を読む

「森の絵本」長田弘/荒井良二

この絵本は、1ページ開いたところですぐ「好きだ」と思いました。 いつもの荒井良二さんのあの破天荒

記事を読む

  • すなみち。都内在住。web制作会社勤務。2児の男女のハハ。マイペースに生きるのが信条。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑