*

「俯瞰力(やましたひでこ)」読みました④

公開日: : 最終更新日:2014/06/01 インテリア・お片づけ, 読んだ本 ,

さて、最後になりました。3章を読み解いていきたいと思います。

第3章 そして改めて“見える世界”を整える〜「命」の章〜

ここで、初めて出てきた言葉がありました。「場力」です。
「場力」とは、ゆとりが生み出す力であり、人を育み命を支えるもの。
人が、住むところ(家)を持つことは自然なことですよね。「暮らす」ことの原点には、まず「場所」があります。
が、その「場所」が物に溢れて呼吸をしていなければ、そこに住まう人までも呼吸ができなくなってしまいます。

何を居心地がいいと感じるかは、人によって当然異なると思いますが、
実は、基本形の“美”は存在します。
やましたひでこさんは、それを「7:5:1の法則」と読んでいます。

「見えない収納」=7
「見える収納」=5
「見せる収納」=1

の分量に留めると、誰が見ても美しく、そして心地よく物と付き合って過ごせるそう。

「少ない」を良しとする価値観。原点回帰のすすめ

昔の日本では物が少なく、人は工夫をして1つのものを色んな用途に利用して使っていたと言います。
少ないことを恥じず、必要最低限のもので暮らしていました。
けれど、文化が成熟すればするほど、大量の物が生活に溢れ、何でも手に入るし1つの物に対して、あまりにも選択肢が多すぎるように思います。

これは、昔読んだちきりんさんの書籍にあったエピソードです。
(確か、「ゆるく考えよう」だったかな〜)

ちきりんさんは、ドラッグストアの歯ブラシ売り場を見て、一体何種類あるのかと驚愕してしまったそう。
この経験、私もあります!全くこだわりがない私は、いつも一番安いやつを買っていますが(笑)、こだわりがある人はさぞかし選びがいがあるでしょうね。
そしてそういう人こそ、今の世の中はまさに至福なんでしょうね!

***

そういえば、私は食べ過ぎるとすぐにお腹を壊してしまいます。
お腹を壊すのが、お腹から私に対する、“過剰ですよ”というサインらしいです(でも、つい食べ過ぎてしまいますが・・・)。
「少ないのが良し」いい言葉ですよね。
たくさんありすぎる物ばかりに惑わされず、自分にとっての「一つ」を大切に暮らしていきたいと思います。

***

以上、「俯瞰力」ブックレビューでした!
そもそもブックレビューを書こうと思ったのは、読書は好きで読むたびに新しい発見があったりするのに、結局いつの間にか忘れてしまって、あまり自分の糧になっていないというか、ただ私の中を通り抜けていくだけなんですよね。

それが勿体ないというか寂しく思い、こうして今回書きながら考える、ということをやってみました。

まだまだ未熟だけれど、他の本にも挑戦していきたいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

no image

「チリとチリリ」どいかや

どいかやさんの「チリとチリリ」を読みました。   チリとチリリ posted

記事を読む

インテリアモデル倉本康子の暮らしやすい収納とインテリア

「インテリアモデル倉本康子の暮らしやすい収納とインテリア」を読みました。

先週末、子どもを夫に任せて、久々にのんびり本屋さんを廻りました。 以前「図書館の予約サービスを

記事を読む

「とん ことり」つついよりこ/はやしあきこ

以前ここでもレビューした、つついよりこ先生、はやしあきこ先生のタッグ再び。 今回ご紹介する「とん 

記事を読む

ノマドライフ デュアルライフ

「強く生きるノート 考え方しだいで世界は変わる」を読みました

「強く生きるノート 考え方しだいで世界は変わる」を読みました。 半年くらい前に図書館で予約を入れて

記事を読む

160424-6

香菜子さんについて

先日、ふとした機会があって香菜子さんの本を読みました。 香菜子さんは雑誌「ナチュリラ」に代表される

記事を読む

no image

最近読んだ絵本たち

10月に入りました。 さて、私はようやく先月通信講座の後半に入ったところです。 1年経ったけど半分

記事を読む

「あらしのよるに」シリーズ きむらゆういち/あべ弘士

言わずと知れた絵本界の名作。 少し前にはTVで取り上げたり、ちょっとしたブームになっていたのを記

記事を読む

no image

「ひだまりゼリー」あさのますみ

あさのますみさんの「ひだまりゼリー」を読みました。 ひだまりゼリー―浅野真澄エッセイ post

記事を読む

no image

「あさえとちいさいいもうと」つついよりこ/はやしあきこ

子どもの姿をとても丁寧に優しい絵柄で描かれる、林明子さんと筒井頼子さんの絵本です。  

記事を読む

140227

「ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。」どいかや

これは絵本ではありません。エッセイ集です。 どいかやさんの絵本は「チリとチリリ」シリーズが有名ですね

記事を読む

  • すなみち。都内在住。web制作会社勤務。2児の男女のハハ。マイペースに生きるのが信条。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑