*

手帳&アプリで日々のお金を見える化する

公開日: : お金のこと

181011-1

10月の手帳です…!
白い…

最近すっかりごぶたさになっていたマイ手帳ですが、久々に用途を思いつきました。

それは、日々の出費を記録すること。

MF

私は家計管理に「マネーフォワード」というアプリを使っています。
これ、複数の金融機関を使っている人におすすめ。
あらかじめ各金融機関でネットバンキングに加入しておく必要があるのですが、毎月の入金や出費をこのアプリで一元管理できます。

しかも、本来ならカードで一括引き落としされてしまうお金についても、その支払先やカテゴリー(食費、日用品など)まで細かくチェックできるので、自分が毎月何にどれくらいお金を使ってしまっているかが一目瞭然です。

functions_img_01-991b6ce216ef7af2eb53b9954e56f34d690d80cb0ba5656b6584623998deb07c※デモ画面

私はこのアプリをたまに気が向いた時にしかチェックしていなかったんですが、
改めて見てみると、結構、じゃんじゃんとお金を使ってしまっているなーって。
働いているとはいえ決して多くはない収入なので、本来ならもっと慎重に出費するべきなのですが。

たとえば…

私が払っている、毎月の主な出費は、大体こんな感じで構成されています。

・食費(スーパー、コープ、平日の昼食)
・光熱費(ガス、電気、水道)
・携帯料金
・日用品(主にドラッグストア)
・子どもに関するもの(服飾、おもちゃ、お菓子)
・服飾、美容費(ファッション、美容院、コスメ)

毎月平均すると、大体合計15〜20万円くらい使ってしまっています!!
多いのか?少ないのか?
人によって、感覚の差はあると思いますが、
家賃など入っていませんよ?
やっぱり少し多いと思います。

ほぼ固定費とも言える、
・食費
・光熱費
・携帯料金

は仕方ないとして、ちょっと雑だなーと思われる出費がこれでした。
・服飾費(主に自分の服だ!)
なんと、多い時は月5万円位も使っていました!

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

過去の出費を改めて振り返ってみたとき、「思ってた以上に、使ってるな〜」と感じてしまう現象。
その原因は「人は、忘れる」ことに尽きるように思います。

小さな出費はもちろん、少し大きな出費だって、過ぎ去ってしまえば忘れてしまうもの。
だから気にせずお金をどんどん使ってしまう。
やっぱり、お金の使い方を改めて見直す必要性を感じています。

私の場合、とりあえず各カテゴリの予算を決めて、
月の予算内でやりくりすることにしました。
(服飾費は1万5千円で!)

でも、毎日の出費なんていちいち覚えてられないので、
最初の手帳へのメモに行き着くわけです。
これで、日々何にお金を使っているかが一目瞭然ですね。

衝動買いや、だらだら買いなどの無駄な出費も抑制できそうな気がします。
まずは半年。
がんばりましょー!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

家計節約 車

じゃあ、お金は何に使うべきでないか

来年10月から実施される予定の消費税増税(8→10%)について、TV等のメディアで話題になることが増

記事を読む

3708b6f182f9ece58c879facae587455_s

じゃあ、お金は何に使うべきか

このブログで、さんざん「物質主義から脱するべき!」って主張しているけれど。 じゃあ、一体お金は何の

記事を読む

140311

世の中の消費ブームを作り出す「Mart主婦」とは?

突然ですが、「Mart主婦」ってご存知ですか? 「Mart」というのは主婦層向け雑誌なので

記事を読む

豚の貯金箱

消費税増税をきっかけに、見直したいこと

増税前のお買い物、しましたか? 本日から、消費税が8%になりました。 ニュースをつけると

記事を読む

豚の貯金箱

これから自分ができる節約方法について

前回の記事を受けて、これから自分ができる節約方法について、考えました。 1.安易に無駄な物

記事を読む

豚の貯金箱

2014年4月、5月の出費リスト公開!

4月、5月の出費リストを公開します。 ちなみに「これからは無駄な出費はしない!」と記事に書いた

記事を読む

  • すなみち。都内在住。web制作会社勤務。2児の男女のハハ。マイペースに生きるのが信条。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑