*

習い事。それは可能性を楽しむこと!

公開日: : 習い事・お勉強

それでは、「子どもの才能を伸ばせず終わった」習い事は、意味がなかったのでしょうか?
習い事に使ったお金や時間は、ただ消えてしまったのでしょうか?

習い事を始めた頃に共通する感情とは?

ad3fc44e1d20a0d5fc0809925bf0372a_s

・ピアノを習って最初は楽しんでいたのに、だんだん練習をしなくなってやめた。
・サッカー教室に通ったけれど、周りについていけずやめた。
・英語教室に通ったけれど、お金がかかるわりに上達しなくてやめた。

やめた理由は何であれ、習い事を始める時って、子どもより親がワクワクしますよね。

「大人になってもピアノが弾けたら素敵だな。」
「将来はサッカー選手になれるかな」
「英語を勉強して、将来は世界に羽ばたいてほしい!」

まだヨチヨチ歩きの頃から「この子天才かも!?」なんて有頂天になった経験、誰しもあるのでは?

6285acd688ee0eac57c5034f5218a192_s

ある程度年を取ってくると、だんだん人は夢をみなくなります。
でも、まだ未来がまっさらな子どもって、すごくすごく未来が輝いて見える。

習い事って、そんなキラキラした可能性を、親が子どもに見出して、一緒にワクワクすることなんだなあと思います。
たとえ習い事が長続きしなくても、才能が開花しなかったとしても、それはそれで、ひとつの体験をしたということ。
「楽しかったね。がんばったよね」
と、思って終われたらいいなあ、と思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

096050e6746186950c40f98573f3a6d1_s

習い事の目的を改めて考えてみた

引き続き、「子どもの習い事」について、考えた事を書いていきますね。 習い事をさせる目的を、考えてみ

記事を読む

010f0490bc842dbfc484b3b3d0d19b8f_s

(引き続き)小1からの習い事、考。

前回の記事から引き続き、4月から小1になる息子の習い事について、あれこれ模索しています。 夫と

記事を読む

  • すなみち。都内在住。web制作会社勤務。2児の男女のハハ。マイペースに生きるのが信条。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑