*

リビング再考①〜ローテーブルは本当に必要か?

公開日: : 最終更新日:2014/06/01 インテリア・お片づけ

現在のリビング。

リビングとローテーブル

実は現在のローテーブル、あまり気に入っていません。

理由は、リビングの面積に対して少し大きすぎるのと、重いこと。
2人暮らしの時にはあまり気になりませんでしたが、今は子どもにとって邪魔だしと、リビングの端っこに寄せてしまっています。

で、これが使っているかというとあまり使用していない・・・。
完全に置いてあるだけの存在になってしまっています;
掃除もしにくいし、いっそローテーブルいらないんじゃ?と思うのですが、夫によるとやはり必要だ、とのこと。

それならいっそ、もっとコンパクトで軽いローテーブルに買い替えたいなあ。

そう思い、あれこれネットで探して(これはどうかな?)と思うものを見つけました。

Unicoのローテーブル

unico ローテーブル一覧

unicoは北欧テイストで味のある家具が揃ってて、お洒落ですよね。
デザインが主張しない優しい雰囲気なので、日本の住宅にもよく合います。値段は少し高めですが高級というほどではなく、1人〜2人暮らしにもおすすめ。質もいいので、家具が欲しくなったらまずはサイトをチェックします。

KURT(クルト) ローテーブル

サイズ:W1000×D500×H380mm

100600900042_sub1_m

CORSO(コルソ) ローテーブル

サイズ:W1100×D580×H370mm

100500340072_sub1_m

ちなみにコルソシリーズ↑のAVボードが、このページのリビングの写真に写っています。
シリーズで揃えたいというよりは、あえて外したいかな。クルトシリーズの曲線、好きだなあ。

ただ実際のサイズ感は、やはり現物を見た上で決めたいので、週末は代官山のunicoショップに足を運んでみるか〜

あとは、夫が賛成してくれるかどうかですね。
インテリアについてはほぼ私任せなんですが、えー今のローテーブルでいいじゃん。とか言われそうな予感がしています。。。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

ダイビング器材の買い取り

ダイビング器材を買取してもらいました

以前から処分したいと考えていたダイビング器材(フィン、マスク、スノーケル、バッグ、グローブ)。 「

記事を読む

無印良品ロゴ

無印良品で子どものおもちゃ入れ改善!

無印良品で私が買ったもの 無印良品にお買い物に行きました。 ポリエステル綿麻混・ソ

記事を読む

シンプルインテリア

今のお気に入り。“カリスマブロガー”が書いた整理収納本

先日「意欲がダウンしたWMが気持ちを上げる方法」で、心を落ち着かせる方法として“整理収納の本を読む”

記事を読む

643f7a8322d55b5e9e145250b186ec98_s

セールに行く前に目的をはっきりさせて、散財を防ぐ

セールの季節ですね〜^^ 私は買い物が大好き。大阪人なので、お得好きな血が騒ぐセールは

記事を読む

本の買取査定

ネットオフの買取結果が出ました

先日買取査定に出していた、ネットオフの買取結果が出ました。 <査定結果> 18冊 560円(

記事を読む

インテリア

「すてきなおうちのつくりかた」を読みました

引き続き、購入した本のレビューです。 すてきなおうちのつくりかた インテリア上手に学ぶ、モノの見せ

記事を読む

無印良品ロゴ

無印良品でお買い物

久々に無印良品に買い物に行きました。 買う目当ての物は、夏用掛け布団カバー。 以前に

記事を読む

6029b3f64f34072504244bc735112b19_s

「整理収納アドバイザー」資格講座を受けました

“お片づけ好き”が高じて、先日ついに「整理収納アドバイザー」の資格認定講座を受けてきました。

記事を読む

151218-1

100均で買ってきたクリアボックスで、イライラが解消された話

娘がつかまり立ちをするようになってから、棚の上のおもちゃにも手が届くようになりました。 我が家はお

記事を読む

170112-3

これまでの思い出グッズを整理しました

久々に1人時間を持てたので、これまでの「思い出グッズ」を整理することにしました。 独身時代の私

記事を読む

  • すなみち。都内在住。web制作会社勤務。2児の男女のハハ。マイペースに生きるのが信条。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑