*

「ロンパーちゃんとふうせん」酒井駒子

公開日: : 最終更新日:2018/02/07 未分類, 読んだ本 , ,

自分が物語をつくることになって、けっこう迷うのが主人公の名前。
シンプルで、よみやすくて、普遍的で、好き嫌いのないような無難な名前にしたいのだけど、何でもいいようでいて、何気にこだわりたいのが名前。

たとえば「さきちゃん」と「はなちゃん」では受けるイメージがぜんぜん違うし、それは物語全体を包む雰囲気を左右すると思うのです。

特にタイトルに名前が入ってくる場合はかなり重要になってくる気がします。
たとえば、これ。

 

なんで「ロンパーちゃん」なんだろう?
すごく気になります。そして「ロンパーちゃん」という響きのもつふわふわした感じ、お洒落な感じ、外国っぽい響きがこの絵本の軸を支えているような気がするのです。

たとえばこれが「さきちゃんとふうせん」「はなちゃんとふうせん」「かなえちゃんとふうせん」だと、違うストーリーになる気がするのです。不思議ですね。

「ロンパーちゃんとふうせん」

753f91b12a42285532e9b0ab0d00c109_s

で、女の子の名前が気になりつつ、この絵本のストーリーを簡単に説明。

黄色いふうせんをもらったロンパーちゃん。飛ばないように指に糸をくくりつけてもらいました。
おうちにふうせんを持ってかえり、飛びすぎるので今度は風船の糸の先にスプーンをつけてもらいます。ふうせんと仲良くなるロンパーちゃん。
だけど強い風が吹いて、ふうせんは木に引っかかってロンパーちゃんは食事ものどを通りません…。

「ロンパーちゃんとふうせん」の魅力とは?

99801af512e9f2bb67bdce95d1379d0e_s

ストーリーはシンプルかつ平和。ゆるっとした空気感です。これといってドラマチックな展開や意外な発想はありません。
全ページ丸い手描きの枠で囲んだ、スケッチのようなざっくりとした線と子どもの可愛らしさが何とも言えず、酒井駒子の魅力が全開です。

“ロンパーちゃん”は2才くらい?ちょうど娘と同じくらいの年かな。そう考えて絵と娘を見比べると、幼児期の可愛さ全開のロンパーちゃん。酒井駒子は子どもを描くのがなんて上手いのでしょう。

ページ内のカラー配色もお洒落で可愛らしい。うすいピンクなんですね。それにふうせんの黄色が映えて、よく計算されているなと感じる。ピンク、黄色。女の子の色ですね。

最後の締めが独特ですね。
普通はふうせんを取り戻して「やったー!」ハッピーエンドで終わるはずなのに、この絵本はめでたしめでたしで終わらない。あえて少し不安げな、物足りない結末で終わります。それが何とも言えない情感と後引く感じを醸し出しているのですが、この結末にするのは勇気いっただろうなーと。

ふうせんの「黄色」何か意味があるのかな、と思っていると、最後の「お月さまみたいよ」につながっていると気づきました。

関係ないけれど黄色が好きです。一番好きなのは青だけど、次に好きなのは黄色です。黄色って、明るくて中性的で、華やかでいいですよね。
ぜひ、娘さんに読んであげてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

no image

「ぼくのともだち」とねさとえ

ぼくのともだち posted with ヨメレバ とね さとえ 学研パブリッシング 20

記事を読む

0b4c70f5ca71b025ffd21d16f3a24197_s

はあちゅうに学んだ「働くということ」

はあちゅうの本を読みました。 就活・転職でもやもやしたら読む本 彼女のツイートを私はフォ

記事を読む

木漏れ日

近況と、読んだ本のことなど

こんにちは。久々のブログとなりました。 東京は今ずいぶん気温が下がって寒いみたいですね。関

記事を読む

「こりゃ まてまて」酒井駒子

引き続き酒井駒子さんの絵本。 赤ちゃん向けの絵本です。 内容を理解できない赤ちゃんでも楽しめる絵本

記事を読む

no image

「そりゃあもういいひだったよ」荒井良二

荒井良二の絵って独特ですよね。ストーリーも。 最初見た時は、何だか子どもに媚びた感じがして、あまり好

記事を読む

less is more

「LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた」を読みました

引き続き、本田直之氏の著書をご紹介します。 LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せにつ

記事を読む

151020-1

ホリエモンという生き方〜ゼロから動き、イチにすることの偉大さを知る

先日「しくじり先生」を見てたらホリエモン(堀江貴文)が出てきてました。 そのままだら〜っと見て

記事を読む

no image

「バムとケロのさむいあさ」島田ゆか

バムケロシリーズ第2弾。 ある寒い朝、バムとケロが凍った湖で凍って動けなくなったアヒルのカイちゃんに

記事を読む

シンプルインテリア

今のお気に入り。“カリスマブロガー”が書いた整理収納本

先日「意欲がダウンしたWMが気持ちを上げる方法」で、心を落ち着かせる方法として“整理収納の本を読む”

記事を読む

no image

「もこもこもこ」谷川俊太郎/元永 定正

2才の娘がこの絵本が好きなので購入しました。 もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵

記事を読む

  • すなみち。都内在住。web制作会社勤務。2児の男女のハハ。マイペースに生きるのが信条。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑