*

「ゆきだるま」

公開日: : 最終更新日:2018/02/07 未分類, 読書日記

ご存知「スノーマン」の原作絵本です。

文章がありません。
全て、絵だけで構成されています。
と言っても、コマ割りの小さな絵たち。
だから文章がなくても十分ストーリーが伝わりますし、それを想像するのも楽しいもの。

私は初めて息子に読んであげる時は、絵を見せながら文章は自分で補完しました。

「雪だるま」のストーリー

主人公の男の子が作ったゆきだるまが動き出し、夜中に2人でこっそり遊び回ります。
家を抜け出し、2人で雪の夜空を飛ぶという
でも、夜明けがやってきて、慌てて家に帰ります。
雪だるまは庭に戻り、眠りについた男の子。
朝になって、慌てて庭を見に行くと、雪だるまは溶けてなくなっていたのでした。

子どもなら、親に内緒でこっそり夜中に遊びたい…誰でもこっそりとそんな願望を持つことでしょう。
自分が作り出したベストパートナーと一緒だったら、何をするのも怖くありません。
どらえもん、ピカチュウ、オバQ…
「自分だけの、仲良しのパートナーを持つ」は男の子の夢なのかもしれません。

 「雪だるま」の魅力

この絵本の魅力は、やはり優しい雰囲気の絵です。
色鉛筆で描いたらしい繊細で優しい雰囲気が、場面場面を盛り上げます。

また、コマが小さく、追っているだけでストーリーを想像できて楽しいです。
文章がないのですが、その分あれこれ想像するのが楽しいです。
子どもにとって「分かりやすい」のは重要ですが、説明しすぎるのは良くないのかもしれません。
季節感のある絵本なので、クリスマスなどのプレゼントにしてもいいかもしれませんね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

d91dbdf0d0c72185faca41b4ed90cfdb_s

「伸び続ける子が育つ お母さんの習慣」を読みました

最近、育児に悩むことが多くなっていたので、こちらの本を読みました。 伸び続ける子が育つ お母さんの

記事を読む

奈良の自然

週末は田舎暮らし2

昨日書いた記事「週末は田舎暮らし」ブックレビュー。 結構ボリュームのある本だったのでダーッと読んで

記事を読む

猫

ワーキングマザーにおすすめの本を読んでみた

少し前、こちらの記事(ワーキングマザー生活の参考にしている本 )を拝見し、紹介されている書籍

記事を読む

e2bf053343da5258516ac2dd5e4021d9_s

母との関係、両親との関係…全ては相性でできている。

思い返してみると、母が私を認めてくれたことなんて、人生の中で一度もなかったような気がします。 少な

記事を読む

お金について考える

お金の価値観は自分で作ろう

以前、家計に関する記事「家計を破綻に導く「普通」幻想の怖さ」でも書きましたが、同じテーマについてもっ

記事を読む

no image

最近読んだ絵本たち③

ゆらゆらばしのうえで 文:きむらゆういち/絵:はたこうしろう ゆらゆらばしのうえで (日本傑作絵本シ

記事を読む

0b4c70f5ca71b025ffd21d16f3a24197_s

はあちゅうに学んだ「働くということ」

はあちゅうの本を読みました。 就活・転職でもやもやしたら読む本 彼女のツイートを私はフォ

記事を読む

8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb_s

Emiさんの新刊「わたしらしさを知る マイノートのつくりかた」が届きました

私はEmiさんのファンの一人。 直接お会いしたことはないけれど、そのセンスの良さ、アクティブな行動

記事を読む

セルフブランディングの時代

安藤美冬を読む〜オール・セルフブランディングの時代へ突入!?

先日Kindle書籍を購入してから、調子づいて引き続き色々購入しています。 やっぱり場所を取らない

記事を読む

no image

「このよでいちばんはやいのは」ロバートフローマン

何だか急にたくさん絵本が読みたくなって、図書館で借りてきた中の一冊がこれ。   こ

記事を読む

  • 都内在住のwebデザイナー。夫、息子、娘の4人暮らし。夢は海のそばに住むことと、気ままにマイペースに暮らすこと。趣味は整理収納についての本を読むこと、ブログを書くこと、スクラップブッキング。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑