*

「そらまめくんのベッド」なかや みわ

公開日: : 最終更新日:2018/02/07 未分類, 読んだ本 , ,

息子が3才くらいの時に与えた「そらまめくんのベッド」。
一度、病院の待合室で読み聞かせた時から食いつきがよく、親の目線でも“こりゃ、子どもが好きだわ”と感じた絵本です。

「そらまめくんのベッド」のストーリー

そらまめくんの宝物はそのベッド(※注:そらまめの皮)。お気に入りなので豆の仲間たちにも貸しません。ある日ベッドが突然なくなってしまい、探しに行くと何とうずらの巣にされていることが判明。見守っているうちに無事にうずらの雛たちが生まれ、ベッドはそらまめくんの元に戻ってきます。皆でお祝いをした後、そらまめくんは仲間たちと一緒にそのふかふかのベッドで眠るのでした。

***

まず、“そらまめの皮=ベッド”という発想勝ち!そらまめの皮ってふわふわして、すごく気持ち良さそうで「まさにベッド」って感じですもんね!豆の皮をベッドに見立てた、なかやみわさん素敵です。そして主人公のそらまめくん以外にもピーナッツくんやグリーンピースの兄弟やら出てくるのも楽しい。個性豊かな豆たちの姿がすぐに想像できますよね。

そしてそらまめくんのベッドがうずらの巣(卵置き?)に使われていた!というあのインパクト&面白さ。
確かにうずらの卵を置くと…ちょうど良さそうなサイズ(笑)
大人もぽん!と膝をたたいてしまいそう。

あ、まだそらまめを知らないであろう息子のために、わざわざスーパーで買いましたよ〜。情操教育ってやつでしょうか?ゆでて剥くのを手伝ってもらいました。美味しいけど、内側の皮まで剥いてしまうと本当に食べるところが少なくなりますよね〜(泣)

ストーリーのインパクトや面白さ以外に、すごく心に残ったのが絵の美しさ。色鉛筆を細かく繊細に塗り重ねたような色調で、青や緑や紫が全部混じったグラデーションで。そらまめくんの世界をぐんと広げています。

ちなみに、やはり人気作だけあって“そらまめくんシリーズ”は他にも何冊か出版されているようです。

「そらまめくんのあたらしいベッド」は図書館で借りて読んでみましたが、やはり第1作目の斬新さには敵わないと感じました。どんな絵本もそうかもしれませんが…2作目以降が1作目を越えるのはなかなか難しいようです!(笑)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

「ロンパーちゃんとふうせん」酒井駒子

自分が物語をつくることになって、けっこう迷うのが主人公の名前。 シンプルで、よみやすくて、普遍的で、

記事を読む

「よるくま」酒井駒子

自分の一番好きな絵本と言ったら今のところこれ。   よるくま posted w

記事を読む

「リコちゃんのおうち」酒井駒子

自分が好きな順に絵本を紹介してきて、次は何にしようかなあ〜と思ったところ、大好きな酒井駒子さんのデビ

記事を読む

「よるくま クリスマスのまえのよる」酒井駒子

酒井駒子さん続けて3つめ。 というのはちょうど、息子が今夜この絵本をベッドに持ってきたのです。 &

記事を読む

インテリア

「すてきなおうちのつくりかた」を読みました

引き続き、購入した本のレビューです。 すてきなおうちのつくりかた インテリア上手に学ぶ、モノの見せ

記事を読む

no image

最近読んだ絵本たち

10月に入りました。 さて、私はようやく先月通信講座の後半に入ったところです。 1年経ったけど半分

記事を読む

150615

本当におしゃれな人の「服の買い方」を学ぶ

「服を買うなら捨てなさい」を読みました 先日の記事で紹介していた、こちらの本を読みました。

記事を読む

55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_s

「しないことリスト」ユルく生き延びるために。

これ、良かったです。   しないことリスト posted w

記事を読む

921332a49b8e78c9bc5d488cfd6bdf7e_s

家計を破綻に導く「普通」幻想の怖さ

ネット上の記事を読んで怖くなったお金の話 ネット上の投稿記事で、「年収が減ったのでダブルワ

記事を読む

151020-1

ホリエモンという生き方〜ゼロから動き、イチにすることの偉大さを知る

先日「しくじり先生」を見てたらホリエモン(堀江貴文)が出てきてました。 そのままだら〜っと見て

記事を読む

  • すなみち。都内在住。web制作会社勤務。2児の男女のハハ。マイペースに生きるのが信条。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑