*

住み替え検討しています

公開日: : 最終更新日:2018/10/15 ライフスタイル

住み替えちょっぴり検討中

家

先週から、今住んでいるエリア内でもう少しいい物件はないか、とあれこれ見たりしています。

希望は、今と同じ家賃で、プラス駐輪場、そして欲を言えばもう少し広いところを、と。
けれどなかなかないものですね。
今住んでいるところは、賃貸で13万円弱/月。
それよりももっといい条件となると、家賃が上がるか、駅からもっと遠いところになるでしょう。(今は駅徒歩1〜3分)
今よりもっと家賃が上がってしまうと、家を購入してローンにした方が安いんじゃ?となるので、なるべく家賃は上げたくない。とすると、駅からもっと遠い範囲で探すしかないのか・・・う〜ん。

住み替えを検討し始めた理由

現在住んでいるところは、広さはそうないけれど、築10年で造りが比較的きれいなこと、駅から近いこと、会社や保育園から近いこと、とそれなりに気に入っている物件。
小さなアパートなので全部で3世帯しかなく、近所とのトラブル等も今のところ全くなく。気楽〜に住んでいます。

難点は駐輪場がないこと。これは将来ママチャリが欲しい私にとっては痛手。
また、部屋数が2部屋しかないので(いわゆる2LDK)、夫のための仕事部屋があればいいな〜と思った次第です。
また、2人目が産まれて大きくなってくるとやっぱり手狭になるだろうしね。
ここ最近、私自身の考えが色々変わってきてまして、都心の地価が高いエリアに家を買うことについては、あまり気が進まないのですが、じゃあそれ以外に選択肢は?となってしまいます。
そう、あれこれ譲れないでいると、結局選択肢がないんですよね。

将来的には

現在のところは、そこまで必要に迫られているわけではないので、「念のため、あれこれ見てみよう」という軽い気持ちですが、将来的には住まいについてもっと真剣に考えるべき時が来るはず。
その時、どんな価値観で、何を基準として住まいを選ぶか。
夫と考えを共有しながら、ちゃんと考えたいなと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければランキングバナーをクリックお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ブログランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント

関連記事

less is more

「LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた」を読みました

引き続き、本田直之氏の著書をご紹介します。 LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せにつ

記事を読む

奈良の自然

週末は田舎暮らし2

昨日書いた記事「週末は田舎暮らし」ブックレビュー。 結構ボリュームのある本だったのでダーッと読んで

記事を読む

160201-2

ミニマリストについて考える

巷で話題の「ミニマリスト」という生き方。興味を持ったので、先日下記の本を購入しました。 最小限主義

記事を読む

ライフバランス

私のライフバランス 〜これから大切にしていきたいこと

※昨日の記事の内容を大幅に変更しました。もし読んで下さった方は、再度お読みいただければ嬉しいです。自

記事を読む

3e2cfc1c98933e8880c53f1271791313_s

週末は田舎暮らし

こちらの書籍を読みました。 週末は田舎暮らし---ゼロからはじめた「二地域居住

記事を読む

ライフバランス

私のライフバランス

以前こちらの記事「ワーキングマザーにおすすめの本を読んでみた 」にてご紹介した本を読んで考えた、自分

記事を読む

デュアルライフ

デュアルライフは可能なのか?マジで考えてみた!

先日の記事で触れた、デュアルライフという生き方。 そんなライフスタイルを実現しているのは、まだまだ

記事を読む

海の風景

海の側で暮らしたい

引き続き、奈良ネタです。 奈良と東京の違い 奈良に行った時、東京とは違う「緑の多さ」をとても実感

記事を読む

ゆるい生き方 ハワイの光景

「ゆるい生き方 ~ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣~」を読みました。

本田直之氏の考え方に興味を感じた私は、さっそく氏の著書をあれこれ読んでみました。 まず、こちら

記事を読む

真の自由とは

「自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと」を読み返しました

ここまでの一連の流れとして、本田直之氏の著書をいくつか紹介してきましたが、もしもっとこういう考え方に

記事を読む

  • すなみち。都内在住。web制作会社勤務。2児の男女のハハ。マイペースに生きるのが信条。


    >> 管理人へのメールはこちら
PAGE TOP ↑